閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 21
タイトル汚染コンクリートの解体およびそこから生じる廃棄物の合理的処理・処分の検討 10 - コンクリート中の核種濃度分布と放射性廃棄物発生量の推定
翻訳タイトルEvaluation of decommissioning and waste management strategies for contaminated concrete structures 10 - Estimation of radionuclide concentration distribution in concrete and the amount of radioactive wastes
著者川崎 大介(福井大学)
著者渡辺 直子(北海道大学)
著者駒 義和(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2019-03-21
言語jpn
ページ数1p.
種別proceedings
ファイル形式TEXT(紙媒体)
分類5-3-1 固体廃棄物
分類5-5-8 廃棄物廃止措置プログラム
分類5-1-3-2 実験的モデリング, 分析
上位階層分類(自動付与)5-3 廃棄物管理   5-5 廃止措置   5-1-3 原子炉プロセスモデル化   
内容セッション: 原子力施設の廃止措置技術
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2019年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/184429
WARP保存日2019-10-19