閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 8
タイトル福島第一原子力発電所事故に由来する放射性セシウム担体物質の新しい判別法
翻訳タイトルA novel approach to distinguish radiocesium-carrying materials derived from the Fukushima nuclear accident
著者奥村 大河(東京大学)
著者山口 紀子(農業・食品産業技術総合研究機構)
著者小暮 敏博(東京大学)
会議開催日2020-09-18
言語jpn
ページ数p.1A05
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容セッション: 7. 保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2020年秋の大会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/217511
WARP保存日2021-02-28