閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 30
タイトル福島における放射性物質分布調査 16 - 懸濁態放射性セシウムを用いたダムによる細粒粒子の捕捉能の評価
翻訳タイトルInvestigation on distribution of radioactive substances in Fukushima 16 - evaluation of trapping efficiency of fine sediments in reservoir lakes by using suspended radiocaesium
著者谷口 圭輔(筑波大学)
著者恩田 裕一(筑波大学)
著者新井 宏受(福島県環境創造センター)
著者竹内 幸生(福島県環境創造センター)
著者吉田 博文(福島県環境創造センター)
著者藤田 一輝(福島県環境創造センター)
会議開催日2020-09-18
言語jpn
ページ数p.2A16
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-4-2 環境条件の予想
分類6-1-2-3 水生に対する影響
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   6-1-2 環境に対する影響   
内容セッション: 7. 保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2020年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/217564
WARP保存日2021-02-28