閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 49
タイトル福島県内のダム湖におけるヤマメ・フナ類の137Cs濃度と生息環境の関係について
翻訳タイトルRelationships between 137Cs concentration in masu trout and crucian carp and environmental contamination by radiocaesium at dam lakes in Fukushima Prefecture
著者舟木 優斗(福島県内水面水産試験場)
著者寺本 航(福島県水産事務所)
著者早乙女 忠弘(福島県)
著者鷹﨑 和義(福島県水産事務所)
著者桝本 和義(高エネルギー加速器研究機構)
会議開催日2020-03-12
言語jpn
ページ数p.127-p.132
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-3-2-6 生物相の放射線サーベイ
分類4-3-2-2 放射線サーベイ方法
分類6-1-4-2 環境条件の予想
上位階層分類(自動付与)4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容セッション:一般講演
情報源外部 ウェブページへ
会議名第21回「環境放射能」研究会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/233770
WARP保存日2021-09-30