閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 127
PDFのダウンロード数(フルテキストPDF) : 147
タイトル特定復興再生拠点区域における除染・解体作業に伴うダストに含まれる137Csの環境動態
翻訳タイトルThe environmental dynamics of the airborne dust containing 137Cs due to decontamination and demolition in the difficult-to-return zone of Tomioka town, Fukushima prefecture
著者平良 文亨(長崎大学)
著者松尾 政彦(長崎大学)
著者折田 真紀子(長崎大学)
著者松永 妃都美(長崎大学)
著者高村 昇(長崎大学)
著者平尾 茂一(福島大学)
会議開催日2022-08-24
言語jpn
ページ数p.33
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類4-4-2 オフサイト除染
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-4-2 環境条件の予想
上位階層分類(自動付与)4-4 除染と修復   4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容ポスターセッション
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第11回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:処理・処分・環境回復
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/251051
WARP保存日2022-11-29