閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 20
PDFのダウンロード数(フルテキストPDF) : 70
タイトル放射性セシウムに着目した県外最終処分の施設成立性 - システム設計及び数学モデル検討
翻訳タイトルFeasibility study focuses on effects of radioactive cesium on the final disposal site outside Fukushima - System design and mathematical model
著者三成 映理子(国立環境研究所)
著者山田 一夫(国立環境研究所)
著者遠藤 和人(国立環境研究所)
著者大迫 政浩(国立環境研究所)
会議開催日2022-08-24
言語jpn
ページ数p.41
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-2-3-1 固体
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
上位階層分類(自動付与)6-2-3 廃棄物管理   4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容ポスターセッション
情報源文献複写申込へフルテキストPDF
会議名第11回環境放射能除染研究発表会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/251059
WARP保存日2022-11-29