閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 20
PDFのダウンロード数(フルテキストPDF) : 49
タイトル福島第一原子力発電所事故の周辺線量当量率は今後、どのように変わるか(長期予測のモデル)
翻訳タイトルHow will the ambient dose equivalent rates after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident change in future? (The model for predicting the long-term dose rate)
著者豊田 亘博((株)豊田放射線研究所)
著者加藤 和明(洗練課題研究所)
著者熊澤 蕃(元日本原子力研究所)
会議開催日2022-07-07
言語jpn
ページ数p.103
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
分類4-3-2-4 環境放射線サーベイ
分類6-1-4-2 環境条件の予想
上位階層分類(自動付与)6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容セッション: 東京電力福島第一原子力発電所事故関連3
情報源外部 ウェブページへフルテキストPDF
会議名第59回アイソトープ・放射線研究発表会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/251082
WARP保存日2022-11-29