閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 24
タイトル令和3年度福島県近沿岸海域等における放射性物質等の状況調査
翻訳タイトルSurvey on the radioactive substance in the coastal areas near Fukushima Prefecture in FY2021
情報提供機関JAEA
著者御園生 敏治
著者中西 貴宏
著者眞田 幸尚
著者尻引 武彦
著者卜部 嘉
著者鶴田 忠彦
掲載日2023-02
言語jpn
ページ数1p.-134p.
種別report
内容記述東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所(1F)の事故が発生し、多量の放射性物質が1F周辺に沈着した。日本原子力研究開発機構では、事故後、放射性物質の動態研究を継続して実施している。本報告書は、令和3年度における、近沿岸海域等における放射性物質の状況調査を実施した成果をまとめたものである。具体的には、福島沿岸域57地点において柱状試料を採取し、海底土への放射性セシウムの蓄積状況を示した。さらに海底地形・海底土分布調査を実施し、地形と堆積物の分布状況を把握した。また、河川前面における海底土表層の放射性セシウム濃度の水平分布を計測した。放射性物質の水産物への影響の基礎情報として、魚類の分布状況を調査した。さらに、無人観測船を使用した採水及び採泥の実証試験を実施した。得られた結果より1F前面海域における海底土に含まれる放射性物質の分布と動態について推定を行った。
内容記述An accident occurred at the TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (1F) in 2011 and a large amount of radioactive materials were deposited around the 1F. Japan Atomic Energy Agency has continued to conduct research on the dynamics of radioactive materials after the accident. This report summarizes the results of the survey conducted in FY 2021 on the status of marine monitoring survey on radioactive substances. Furthermore, a seabed topography and sediments distribution survey was conducted in the coastal area off the Mano River from the Ohta River to understand the topography and sediment distribution. Furthermore, in order to evaluate the inflow of radioactive Cs from the river, the horizontal distribution of the radioactive Cs concentration on the surface sediment in front of the rivers was measured. As basic information on the effects of radioactive materials on marine products, the distribution status of fish was investigated. In addition, a demonstration test of water sampling and sediment sampling was conducted using an unmanned observation vessel. From these results, we estimated the distribution and its dynamics of radioactive Cs in the sediments in the front area on the 1F.
内容記述著者所属: 日本原子力研究開発機構(JAEA)
情報源JOPSS関連URL関連URL
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/253924