閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 17
タイトルMulti-Physicsモデリングによる福島2・3号機ペデスタル燃料デブリ深さ⽅向の性状同定 11 - 2019-2021年度のまとめと最新の理解
翻訳タイトルEstimation of the in-depth debris status of Fukushima unit-2 and unit-3 with multi-physics modeling 11 - summary of FY2019-2021 and the latest understanding
著者山路 哲史(早稲田大学)
著者佐藤 一憲(日本原子力研究開発機構)
著者大石 佑治(大阪大学)
著者古谷 正裕(早稲田大学)
著者Li, Xin(早稲田大学)
著者福田 貴斉(早稲田大学)
会議開催日2022-03-16
言語jpn
ページ数p.1E01
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-2 燃料状態診断
分類5-1-1 ゾーン診断
分類2-2-5 格納システム
上位階層分類(自動付与)5-1 事故の事象と進展   2-2 設計   
内容伝熱・流動(エネルギー変換・輸送・貯蔵を含む)
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2022年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/253990
WARP保存日2022-09-30