閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 4
タイトル燃料デブリの臨界特性を明らかにする定常臨界実験装置STACY更新炉の整備 5 - デブリ模擬実験に使用するコンクリート模擬体の試作
翻訳タイトルModification of STACY for study of criticality characteristics of fuel debris 5 - test production of a concrete rod for fuel debris experiments
著者荒木 祥平(日本原子力研究開発機構)
著者井澤 一彦(日本原子力研究開発機構)
著者郡司 智(日本原子力研究開発機構)
著者新垣 優(日本原子力研究開発機構)
著者須山 賢也(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2022-03-17
言語jpn
ページ数p.2D16
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-2 燃料状態診断
分類5-1-3-2 実験的モデリング, 分析
上位階層分類(自動付与)5-1 事故の事象と進展   5-1-3 原子炉プロセスモデル化   
内容炉物理,核データの利用,臨界安全
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2022年春の年会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:燃料デブリ取り出し
時間軸情報:輸送・保管・貯蔵
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/254037
WARP保存日2022-09-30