閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 11
タイトル福島沖の動物プランクトンにおけるCs-137濃度の変動は群集構造や栄養段階構造から説明できるのか? - 2018年および2020年の結果より
翻訳タイトルCan community structure and trophic level structure explain the variation in 137Cs concentrations in zooplankton off Fukushima? - results from the 2018 and 2020 investigations
著者山田 萌々加(東海大学)
著者古橋 琴音(東海大学)
著者立田 穣((一財)電力中央研究所)
著者青野 辰雄(量子科学技術研究開発機構)
著者高田 兵衛(福島大学)
著者浜島 靖典(金沢大学)
著者青山 道夫(筑波大学)
著者小林 卓也((一財)電力中央研究所)
著者乙坂 重嘉(東京大学)
著者西川 淳(東海大学)
会議開催日2022-03-09
言語jpn
ページ数p.92-95
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-2-3 水生に対する影響
分類4-3-2-6 生物相の放射線サーベイ
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
上位階層分類(自動付与)6-1-2 環境に対する影響   4-3-2 オフサイトモニタリング   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容セッション: 口頭発表B
情報源外部 ウェブページへ
会議名第23回「環境放射能」研究会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/265853
WARP保存日2023-02-24