閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 13
タイトル(資料4) 十分な放射線防護を行っても、なお高い被ばく線量を眼の水晶体に受ける可能性のある労働者に関する実態調査について(本調査に係る結果)
情報提供機関厚生労働省
掲載日2019-08-01
言語jpn
ページ数19p.
種別conference material
ファイル形式PDF
分類4-2-4-9 眼球防護
分類4-3-1-3 職業被ばく線量モニタリング
分類6-3-1 影響
上位階層分類(自動付与)4-2-4 緊急対応作業員   4-3-1 オンサイトモニタリング   6-3 健康影響   
内容身体影響, 放射線被ばく, 健康障害, 放射線障害
情報源保存されたウェブページへ
上位階層ページタイトル第6回 眼の水晶体の被ばく限度の見直し等に関する検討会 資料
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/266305
WARP保存日2019-08-05