閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 3
タイトル被ばく低減のための環境・線源分布のデジタル化技術の開発 9 - 自動同期による環境データ更新の効率化
翻訳タイトルDevelopment of exposure reduction technologies by digitalization of environment and radioactive source distribution 9 - improvement of update efficiency of working environmental data by automatic synchronization
著者羽成 敏秀(日本原子力研究開発機構)
著者今渕 貴志(日本原子力研究開発機構)
著者谷藤 祐太(日本原子力研究開発機構)
著者伊藤 倫太郎(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2022-09-08
言語jpn
ページ数p.2B18
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-1-1 放射線サーベイ/モニタリング/エネルギースペクトル
分類5-5-1 放射線と工学サーベイ
上位階層分類(自動付与)5-1-1 ゾーン診断   5-5 廃止措置   
内容原子力施設の廃止措置技術
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2022年秋の大会
関連するコンテンツ
関連するサイト
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/271392
WARP保存日2022-12-26