閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 6
タイトル「建屋応答モニタリングと損傷イメージング技術を活用したハイブリッド型の原子炉建屋長期健全性評価法の開発研究 - 英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業 - 」の進捗状況
翻訳タイトルCurrent status of ‘development of a hybrid method for evaluating the long-term structural soundness of nuclear reactor buildings using response monitoring and damage imaging technologies - nuclear energy science & technology and human resource development project’
著者堂﨑 浩二(東北大学)
著者青木 孝行(東北大学)
著者前田 匡樹(東北大学)
会議開催日2022-09-09
言語jpn
ページ数p.3B02
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類5-1-1 ゾーン診断
分類3-2-6 長期安全状態
分類2-3-4 長期運用管理
上位階層分類(自動付与)5-1 事故の事象と進展   3-2 事故管理実施   2-3 運転   
内容原子力施設の廃止措置技術
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2022年秋の大会
関連するコンテンツ
関連するサイト
時間軸情報:PCV/RPV/建屋の解体
基礎・基盤研究全体マップ(2022)
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/271397
WARP保存日2022-12-26