閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 1
タイトル福島における放射性物質分布調査 17 - UNSCEAR M2020線量率ダイナミックモデル用ロケーションファクタ導出
翻訳タイトルInvestigation on distribution of radioactive substances in Fukushima 17 - location factors derived from UNSCEAR M2020 dose rate dynamic model
著者木名瀬 栄(日本原子力研究開発機構)(茨城大学)
著者宇野 騎一郎(日本原子力研究開発機構)
著者小島 恵美(日本原子力研究開発機構)
著者金井塚 清一(日本原子力研究開発機構)
著者志風 義明(日本原子力研究開発機構)
著者安藤 真樹(日本原子力研究開発機構)
著者三上 智(日本原子力研究開発機構)
著者斎藤 公明(日本原子力研究開発機構)
会議開催日2022-09-07
言語jpn
ページ数p.1I17
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
分類4-3-2-3 住民被ばく線量モニタリング
上位階層分類(自動付与)6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   4-3-2 オフサイトモニタリング   
内容保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2022年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/271442
WARP保存日2022-12-26