閉じる

データ詳細

    

<
Back
分類ツリー表示分類ツリー非表示
このページの閲覧数 : 0
タイトル原子力防災利用での大気中放射性物質鉛直積分濃度の有用性検討
翻訳タイトルInvestigation of usefulness of vertical integrated concentration of radioactive materials in the atmosphere for nuclear disaster prevention use
著者梶原 洸哉(名古屋大学)
著者山澤 弘実(名古屋大学)
会議開催日2022-09-08
言語jpn
ページ数p.2I16
種別proceedings
ファイル形式PDF
分類6-1-1-3 放射能フォールアウト/沈着・沈殿
分類6-1-4-1 事故影響解析のためのツール
上位階層分類(自動付与)6-1-1 環境への放射能放出   6-1-4 環境保護と修復に関するR&D   
内容保健物理と環境科学
情報源外部 ウェブページへ
会議名日本原子力学会2022年秋の大会
関連するコンテンツ
URIhttps://f-archive.jaea.go.jp/dspace/handle/faa/271449
WARP保存日2022-12-26